22日午後7時10分頃、山形、福島両県境の西吾妻山(2035メートル)で、山スキーをしていた山形市小白川町、会社員山中健太郎さん(31)から「下山中に滑落し、腰まで雪に埋まっている」と携帯電話で110番があった。

翌23日午前5時から山形県警などが捜索し、同6時45分頃、山形県米沢市の西吾妻山の山中で意識不明の山中さんを発見。
ヘリコプターで救助し、同市内の病院に搬送したが、約2時間後に死亡が確認された。死因は凍死。胸や腰の骨も折れていたという。

米沢署の発表によると、山中さんは22日昼頃、米沢市の「天元台高原スキー場」から入山。西吾妻山の山頂付近から山形県側にスキーで滑走していたところ、尾根から約40メートル滑落したとみられる。
(読売新聞)