スキー場大規模なスキー場は、小さなスキー場を二つ合わせたよりもはるかに集客力が高い。

ヴァレー/ヴァリス州のアニヴィエ谷にあるグリメンツとツィナールは、スイスに数多くある、小さいけれど適度な大きさのスキー場。この冬、この二つがロープウェイで結ばれた。それでも、雪と自然の力だけでは小規模スキー場の将来を確実にすることは難しいようだ。
この地方のように氷河の侵食によってできた谷は「侵食谷」と呼ばれる。アニヴィエ谷(Val d’Anniviers)の道は断崖に沿っていくつものヘアピンカーブを曲がり、反対側に広がるローヌ谷の斜面を眺めながら上り詰めていくものだ。

あちら側の山は穏やかに見える。その斜面にはブドウ畑が広がり、有名な山岳リゾート地クラン・モンタナまで続いている。ところが、こちら側のアニヴィエ谷では自然は手付かずのまま。険しい傾斜が続き、切り立った岩壁に挟まれた深い峡谷の流れは激しい。そして、この谷に点在する村々は昔ながらの山の生活の雰囲気を残している。

積雪量は保証つき

25カ所のヘアピンカーブを曲がって車で15キロ、標高差2000メートルをロープウェイで上ること8分、ソルボア峠のふもとに到着する。グリメンツ(Grimentz)・ツィナール(Zinal)のスキー場でも、最も標高が高い場所だ。ここから眺める「皇帝の冠(couronne imperiale)」とも呼ばれるアルプスの景色は息をのむ美しさだ。名高いマッターホルンを含む標高4000メートル級の高峰が30峰以上も連なる。

「素晴らしいでしょう」と声をかけるのは、ロープウェイの運行業者パスカル・ズフレイさん。この冬より、ロープウェイでグリメンツの村からツィナールのゲレンデまで行けるようになった。「規模は似ているけれど性格の異なる二つの小さなスキー場が一つになった。グリメンツは家庭的で、ツィナールは活動的」と、この谷で生まれ育ったズフレイさんは説明する。

暖冬の今年でさえ、アニヴィエ谷では理想的な雪質を確保している。標高の高いスキー場ならではの特権だ。ゲレンデは全て標高2500メートル以上にあり、その頂上は標高3000メートル近くに達するものもある。アニヴィエ谷では最も低いゲレンデが、他のスキー場の頂上と同じ標高であることも多い。ゲレンデの高さで言えば、アニヴィエ谷のスキー場はいくつかの高級スキーリゾート地の上を行く。

それに、人工降雪機も完備されている。「最近のスキー客は要求が多い」とロープウェイ会社のパスカル・ブルカン社長は言う。「石や土が全く顔を出さない、完璧で真っ白なゲレンデが求められる。しっかりした雪の土台を作り、4月のイースター休暇まで雪をもたせるために、11月半ばから人工降雪機を稼動させている」

牛の放牧地からスポーツの場へ

ツィナールのゲレンデのふもとで夕刻を迎える。商店の立ち並ぶ通りは一本しかないが、2軒の洒落たバーと、1軒のビストロがある。テラスではイギリス人観光客が、声高にそれぞれの一日を報告しあっている。彼らがここで気に入っているものは何か?「雪の質、自然、静けさ、それからほぼ確実に晴天に恵まれること」

続きはこちら