心の底から喜べないはずだ。女子ジャンプの高梨沙羅(17)が1日、ソチ五輪後初のW杯(個人第14戦=ルーマニア)で圧勝。5試合を残して2季連続の総合優勝を決めた。すると2日に行われた第15戦(ルーマニア)にも勝ってW杯4連勝。今季12勝目を挙げた。

ソチでは「金メダル確実」といわれながらまさかの4位。関係者の間では「一発勝負の五輪でメダルを取るより、年間成績で決まる総合優勝の方が価値がある」との声もあるが、裏を返せば、「一発勝負」の五輪に弱いということではないか。
それは女子フィギュアの浅田真央(23)にも言える。前回五輪でキム・ヨナ(23)の後塵を拝し、ソチでもショートプログラム(SP)のミスでメダルが消えた。

一方、長期休養や故障で不安視されていたライバルのヨナはノーミスで銀メダル。疑惑の採点がなければ五輪連覇だった。

沙羅と真央。金メダル候補の五輪惨敗を、スポーツ心理学が専門の児玉光雄氏(追手門学院大客員教授)はこうみている。

「五輪の舞台には『魔物がすむ』といわれている。魔物を生むのは自分の心。4年に1度の大会はそれだけ特別なものなのです。浅田さんは2度目の出場でしたが、異常な雰囲気にのまれ、SPの最初のジャンプで失敗し心も体も制御不能になった。金メダルへの強い思いが緊張感を増幅させたのでしょう。だからメダルの可能性が消えると重圧から解放され、最高の演技をした」

高梨はどうか。
本人は「からだが固まってしまった。やはり(五輪は)何かが違うと感じた」と漏らしていた。どんな心理状態だったのか。

「17歳の彼女は怖いものなしで初の五輪に出た。選手にとって一番の重圧は『勝って当たり前』といわれること。注目度が他の大会とはまるで違う五輪で、そのプレッシャーを初めて経験したのでしょう」(前出の児玉氏)

日本選手は、五輪前の国際大会は何度も表彰台に上がるのに、「本番になるとふるわない」といわれてきた。ソチでメダルなしに終わった高梨などはその典型だ。

旧ユーゴのナショナルスキーチームのコーチだった平山昌弘氏は、有力な日本人が五輪でコケる理由についてこう語る。

「日本人ほど五輪が好きな民族はいません。一連の過熱報道や過度の期待から、有力選手は国や日の丸を背負い、自らを追い込む。『金メダルしか許さない』といわれている柔道の男子選手なんて毎回ガチガチです。欧米には国のために戦うなんて選手は皆無です。浅田選手は多くの個人スポンサーを抱え、高梨は『五輪がない時代の先輩たちは苦難の中で競技を続けた。今があるのは先輩のおかげ』といって感謝しながら飛んだ。スポーツに関しては今の時代、『何かのために頑張る』という責任感は、メダルの期待が大きな選手には重圧になるだけです」

今回のソチでは、スノーボード競技で3人のメダリストが出たが……。
「誤解を恐れずにいえば、彼らは何も背負っていなかったと思う。国や日の丸、世話になっている関係者らを多分に意識する古風な選手より、純粋に競技を楽しみ、集中していたと思う」(前出の平山氏)

背中が「重い」人は五輪のメダルは手にできない。
(日刊ゲンダイ)