県は20日、ソチ五輪スノーボードハーフパイプ(HP)で銀メダルに輝いた村上市出身の平野歩夢(15)への県民栄誉賞の表彰式を県庁で行った。

泉田裕彦知事から賞状と記念カップを受け取った平野は「応援してくれた人たちに自分らしい滑りをみせられほっとしました」と笑顔で感謝の言葉を述べた。
首からメダルを下げた平野は約300人の県職員に拍手で出迎えられ、はにかみながら表彰式に臨んだ。泉田知事は「冬季五輪で県勢初のメダル獲得という壁を破ってくれた。世界のトップアスリートとして頑張ってほしい」とたたえた。

泉田知事の「これからの夢や目標は」という質問には「まだ終わったばかりで目標は決まっていませんが、オリンピックをきっかけに行けるところまで頑張りたい」と、金メダルへの闘志を静かにたぎらせた。

式後は報道陣に「地元が思った以上に盛り上がり、びっくりしました」と、自身の偉業を実感していた。
(産経新聞)