トヨタ・ビッグ・エア in 札幌ドーム(TOYOTA BIG AIR in SAPPORO DOME)cHTBスノーボードストレートジャンプの国際大会「第18回トヨタ・ビッグ・エア in 札幌ドーム(18th TOYOTA BIG AIR in SAPPORO DOME)」が2月22日・23日、札幌ドーム(札幌市豊平区羊ヶ丘)で開催される。

国内最大級のスノーボード大会として世界のトップライダーが一堂に集まる同大会。巨大なストレートジャンプ台から飛び出し宙を舞い、それぞれのトリック(技)、スタイルを競って「空中の王者」の座を争う。大会1日目に本選出場を懸けた日本人最終予選、2日目に本選が行われる。
本選出場選手は、招待選手枠=平岡卓選手(18)、山根俊樹選手(20)、角野友基選手(17)(以上、日本)、アントワンヌ・トゥルション選手(23)(カナダ)、チャズ・グルデモンド選手(26)、セージ・コッツェンバーグ選手(20)(アメリカ)、イェルムン・ブラーテン選手(23)、スティーレ・サンドベック選手(23)(以上、ノルウェー)、ローペ・トンテリ選手(21)、ピートゥ・ピロイネン選手(25)(以上、フィンランド)、スヴェン・ソーグレン選手(19)(スウェーデン)と日本人最終予選上位選手ら。

前大会覇者・トゥルション選手、昨年決勝で惜しくも敗れたものの日本人として同大会史上最高位の2位を勝ち取った山根選手は今年も参戦。そのほかの招待選手もスノーボード競技のメダリストや世界大会優勝者などで、世界最高峰のトリックによる熱戦が期待される。大会の合間にはアーティストライブなどのイベントも。

開催時間は、22日=11時〜19時予定、23日=11時30分〜。料金は、前売り22日=2,000円(当日=2,500円)、23日=3,500円(同=4,000円)、土日セット販売=4,000円など。詳細はホームページで確認できる。
(札幌経済新聞)