五輪・スノーボード〕スノーボード男子ハーフパイプ予選、平岡卓の1回目の演技=11日、ロシア・ソチソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプ予選2組(11日、ロザ・フトル・エクストリーム・パーク)2本滑ってベストスコア競うハーフパイプで、18歳の平岡卓=フッド=が92・25点で、3連覇を狙う王者ショーン・ホワイト(米国)の95・75点に次ぐ2位で決勝へ駒を進めた。

子出藤歩夢(19)=日体大=は54・50点で予選敗退した。
平岡はエアからナインを連続で決めると、ミスなく最後はダブルコークテンを成功させ高得点をたたき出した。2本目は無理せずに流した。子出藤は1本目、着地に失敗しスコアを伸ばせず、2本目は転倒して決勝に進めなかった。

予選1組は平野歩夢(15)=バートン=が決勝へ進み、青野令(23)=日本体育大学=は敗退した。決勝は日本時間12日、2時30分から行われる。
(サンケイスポーツ)