ソチ冬季五輪スノーボード・男子スロープスタイル決勝(8日、ロザフータル公園)準決勝で4位に食い込み決勝へ駒を進めた角野友基(17)=日産X−TRAIL=は75.75で8位入賞に終わった。

優勝は93.50でセージ・コッツェンバーグ(米国)が今大会1号となる金メダルを獲得した。
ソチ五輪から新種目となったスノーボード・スロープスタイルで、17歳の角野はメダルに届かなかった。12人中トップでスタートした角野は1本目、出だしのジブセクションでバランスを崩した。

ジャンプセクションでは3つ目のジャンプで大技のトリプルコークに挑んだが、わずかに着地に失敗し53・00とスコアを伸ばせなかった。

メダル獲得へ2本目に懸ける角野は、ジブセクションで安定した滑りを見せた。ジャンプセクションでは2つ目のジャンプで着地で手をつけてしまった。最後は4回転を決めてフィニッシュしたが、スコアは75.75でメダルには届かなかった。しかしレース後、角野はヘルメットを放り投げ笑顔で観客の声援に応えた。
(サンケイスポーツ)