角野友基スノーボード・スロープスタイルは8日にソチ五輪全競技の中で最初に決勝を行うが、角野友基(17=日産X―TRAIL)は準決勝からの“敗者復活戦”に臨み4位に。

日本勢メダル第1号への望みを懸け、決勝進出を果たした。
日本風にお辞儀をしてスタートした1回目は84・75点。納得のランに笑顔を見せた。その後に滑った予選上位者にミスが続出。3位につけた。

2回目は4回転の大技を見せたが、惜しくも右手をつき80・50点。2回のうち高い方の得点が採用されるため、1回目の84・75点のまま他の選手の結果を待つことになったが、上位4人までの狭き門を通過した。

6日の予選では2回とも転倒などで最後のジャンプまで飛べないまま第1組の13位に沈み「コケてもセミファイナルにいけるという甘い考えがあったかも」と反省。「特別に修正するところはない。予選で滑ったことで雰囲気には慣れられた」と語っていた。
(スポニチアネックス)