金メダリストも欠場 スノーボード・スロープスタイルが怖すぎる過去スノーボードで2回金メダルを獲得しているショーン・ホワイト選手は、今回のスロープスタイル競技には出場しないことになった。リスクのある危険なコースで、怪我をするリスクを負う必要はないからだ。

この動画は、ソチのスロープスタイルコースを競技者の視点で撮影されたものだ。
このコースは、練習時に何人もの怪我人を出しており、中には脳しんとうを起こした選手や鎖骨を骨折した選手もいる。主催者は、コースに変更を加えてより、安全にしようとしたが、過去に2回金メダルを獲得しているホワイト選手は、自分にとってはまだ危険すぎると述べた。

この動画を見てみれば、その理由が分かるだろう。

「ビルから飛び降りるような感じ」と、カナダのスノーボード選手、セバスチャン・トータント選手は、オリンピック・ニュース・サービスに語った。

しかし、トータント選手は出場する予定だ。そして、AP通信によれば、Twitterでホワイト選手に苦言を呈するのを押さえられなかったとのことだ。

「ホワイト、勝てないと思うときに、競技から手を引く言い訳を探すのは容易でしょうね」トータント選手は、そうツイートし、後に削除した。

ホワイト選手は、ハーフパイプには出場する予定だ。この競技では、彼は過去に2つの金メダルを獲得している。
(The Huffington Post)