1本目の角野は31.00でこの時点で4位につける。慎重にスタートした角野だが、ジャンプ台を跳んだ後の着地で尻もちをついてしまう。その後は立て直し、ミスなくゴールした。

角野の2本目は途中でジャンプを失敗。着地で手をついてしまい、スコアは16.50と伸びず。角野のベストスコアは1本目の31.00となる。
 
1組の15人が終了し、角野は12位につける。1位は90.75をマークしたPIIROINEN Peetu(フィンランド)。準決勝進出へ向け、角野の巻き返しなるか。
予選スタートリスト
予選は2本滑ってベストスコアで競う。1、2組のぞれぞれ上位4人が決勝進出、各組5位以下の選手は準決勝に進む。出場を予定していたスノーボード界のスター選手、ショーン・ホワイト(米国)は欠場。3連覇を狙うハーフパイプに専念する。

■1組
1. MORGAN Billy(英国)
2. BERGREM Torgeir(ノルウェー)
3. REID Charles(カナダ)
4. 角野友基(日本)
5. MATTSSON Niklas(スウェーデン)
6. ULSLETTEN Emil Andre(ノルウェー)
7. TOUTANT Sebastien(カナダ)
8. SANDBECH Staale(ノルウェー)
9. SOBOLEV Alexey(ロシア)
10. GULDEMOND Charles(米国)
11. JAMES Scotty(オーストラリア)
12. PIIROINEN Peetu(フィンランド)
13. KOCH Lucien(スイス)
14. NICHOLLS Jamie(英国)
15. WEISSENBACHER Mathias(オーストリア)
            
■2組
1. BRAATEN Gjermund(ノルウェー)
2. SCHERRER Jan(スイス)
3. TONTERI Roope(フィンランド)
4. PARROT Maxence(カナダ)
5. SMITS Seppe(ベルギー)
6. THORGREN Sven(スウェーデン)
7. KOTSENBURG Sage(米国)
8. PAUMOLA Ville(フィンランド)
9. MCMORRIS Mark(カナダ)
10. SCHATTSCHNEIDER Clemens(オーストリア)
11. O CONNOR Seamus(アイルランド)
12. KORPI Janne(フィンランド)
13. KRAINER Adrian(オーストリア)
14. STASSEL Ryan(米国)

■出場予定選手(日本人選手のみ)
・角野友基
 
■日程
2/6 15:00 予選
2/8 14:30 準決勝
2/8 17:45 決勝
※時間は日本時間