CI0002スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)の3連覇を目指すショーン・ホワイト(米国)が5日、新種目のスロープスタイル(6日)の欠場を表明した。

フェイスブックで明らかにした。
米NBCテレビ(電子版)によると、ホワイトは4日の公式練習で転倒して左手首を痛めたといい「多くの選手が負傷した。けがをする可能性が高ければ(HP3連覇の)ゴールのために危険を冒すわけにはいかない」と説明したという。

米国の賞金大会Xゲームを参考に設定された今回のコースはスピードが出やすく、ジャンプ台も難易度が高いとされる。

3日の公式練習ではメダル候補だったトシュテン・ホルグモ(ノルウェー)が転倒して肩を骨折するなど、けが人が続出していた。
(ソチ五輪)