ソチ五輪スノーボードのハーフパイプで3大会連続の金メダルを狙い、新種目スロープスタイルにもエントリーしているショーン・ホワイト(27=米国)が4日、練習中に転倒した。

スロープスタイルのコースで転び、左手首にあざをつくったという。本番へ向けて問題はないというが「恐ろしいコースだよ」と話した。同コースでは金メダル候補のトシュテン・ホルグモ(ノルウェー)が3日に鎖骨を骨折し、今大会棄権を余儀なくされている。
(日刊スポーツ)