Red Bull Frozen Rushモータースポーツのイベントは、「バハ1000」の広大な砂漠や「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」の山岳地帯、また各国で行われているスタジアム内での大会など、多種多様なコースで行われている。今回は、レッドブルが雪上を舞台にして開催した「Red Bull Frozen Rush」の映像をご紹介しよう。

レッドブルといえばモータースポーツイベントのスポンサーとして有名だが、それだけではなく、自らチームを率いて様々なジャンルのモータースポーツに進出している。なかでも、F1ではレッドブル・レーシングがワールドチャンピオン4連覇という快挙を成し遂げている。
今回ご紹介するRed Bull Frozen Rushは、レッドブルがウインタースポーツとモータースポーツを融合させて開催したイベント。米メイン州のスキー場、サンデーリバーリゾートには、ジャンプ台やスラロームを備えたコースが特設された。参戦したのはPro4カテゴリーのトラック8台で、いずれも最大出力は900hpを誇る。また、BFグッドリッチが特別に開発したタイヤを装着しており、可動域が十分広いサスペンションが採用され、まるでフォード「ラプター」がオモチャのプルバックカーのように見える。

寒い屋外で行われたにもかかわらず、1万人程の観客が訪れたこの熱戦を制したのは、Pro4トラックカテゴリーのレジェンド、リッキー・ジョンソン。彼の長年のライバルであるジョニー・グリーヴスは、レースゲートに衝突して5秒のペナルティを課されたことで、惜しくも2位となっている。

それでは、トラックが白銀の世界を疾走する様子をフォトギャラリーと映像でチェックしてみよう。また、リッキー・ジョンソンの視点から捉えたコース映像も用意したので、そちらもお楽しみいただきたい。詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。
(autoblog)

その他写真はこちら