メーンビジュアル日本民間放送連盟(民放連)は20日、2月7日に開幕するソチオリンピックにおける民放テレビ放送の概要と共同PR展開を発表した。日本選手の活躍が期待される注目種目を中心に、地上波127時間、BSデジタル28時間の放送を予定している。

地上波ではゴールデン、プライムから深夜にかけて、生中継を中心に放送、BSデジタルは同一系列の地上テレビ録画放送を基本に翌日の正午から午後3時にかけて放送予定としている。
日本テレビは開幕特番、フリースタイルスキー、女子モーグル予選、スピードスケート男子500m、フィギュアスケート女子ショートなどを予定。メーンキャスターは荒川静香。テレビ朝日はフィギュアスケート総集編、フィギュアスケート・チーム、アイスダンスショート・女子ショート、アイスホッケー女子予選 日本×ドイツなどを放送予定。メーンキャスターは松岡修造。

TBSテレビのメーンキャスターは中居正広。スノーボード 男子スローブスタイルや、スノーボード男子ハーフパイプ、ノルディック複合 男子団体ラージヒルなどを放送予定。テレビ東京のメーンキャスターは荻原次晴で、ノルディック複合・男子個人、スピードスケート女子団体/男子団体パシュート決勝、スピードスケート女子1,000mなどを放送予定。フジテレビはフィギュアスケート男子フリー、ショートトラック女子3,000m決勝/女子1,000m予選/男子500m予選などを予定。アイスホッケー女子予選日本×ロシアも放送する。

また、民放テレビ5局のPRスポットも制作。徳島えりか(日本テレビ)、竹内由恵(テレビ朝日)、枡田絵理奈(TBSテレビ)、須黒清華(テレビ東京)、三田友梨佳(フジテレビ)と、各局のソチオリンピック担当アナウンサーが登場。「どてら」を着てこたつでくつろぎながら「ソチをウチで 見るなら民放で!」とアピールする。テレビCMだけでなく、交通広告やウェブサイトでの展開も予定している。

また、共同の公式動画サイト「gorin.jp」において、約1,000本のハイライト動画配信や、ルール説明動画、放送予定などを展開するほか、地上/BSテレビで生放送しない種目のライブストリーミング(生中継)も実施する。iOS/Androidアプリも提供し、視聴予約アラームやSNSの盛り上がりを可視化する機能なども用意する。
(Impress Watch)