「乳幼児でも安心して楽しめる!」失敗しないスキー場選びのポイント3つ昨今、子育て中のファミリーに足を運んでもらおうと、施設やサービスを充実させるスキー場が増えています。しかも、単に託児所や室内遊びスペースをつくるだけではない様子。

今回は、ファミリースキーの楽しさを専門に紹介する『ファミスキ.jp』編集部と、国内最大級の旅行情報を取り扱う『じゃらん』編集部に、子連れスキー環境の進化について取材してきました。

こどもが生まれるとスキー場から遠ざかる

私自身、4歳と2歳の子育て中です。5年前や10年前は、シーズンが来ると、スノボをしにスキー場へよく行っていたのですが、こどもが生まれてからは、完全に足が遠のきました。

小さいこども連れでは、スキー場までの移動の負担が大きいですし、一家で行くとなると金銭的負担もバカにならない感覚があります。なにより、スキー場に連れて行っても、こどもたちが楽しめないと思い込んでいました。

レジャーを考える際に、スキー場はまったく選択肢にあがってこなかったのです。

続きはこちら