スノボで不明の男性 死亡確認長野県山ノ内町のスキー場で、スノーボードに向かったまま14日から行方が分からなくなっていた27歳の男性が、尾根沿いの斜面で倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。

山ノ内町のレンタルスキー店のアルバイト、磯部光輝さん(27)は、14日午後、スノーボードに向かったまま戻らず、行方が分からなくなっていました。

警察がヘリコプターなどで捜索した結果、15日午前10時すぎ、山ノ内町のスキー場、竜王スキーパークに近い尾根から80メートルほど下の斜面に、磯部さんが倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。
磯部さんは、東京から山ノ内町に住み込みでアルバイトに来ていたということです。
見つかった現場は、スキー場の管理外の場所で、この時期は積雪が十分でないため、立ち入りが禁止されているということで、警察が詳しい状況を調べています。
(NHK)