スノーボードやスキーを楽しむ親子連れら=11日、十和田市焼山の十和田湖温泉スキー場本格的な寒さが続き、スキーシーズンもたけなわ。十和田市焼山にある十和田湖温泉スキー場は11日、スノーボードやスキーを楽しむ親子連れや若者のグループでにぎわいを見せた。

運営する十和田湖ふるさと活性化公社によると、同日現在のゲレンデの積雪は約65センチと平年よりやや少なめ。ただ、新雪は豊富で、スキーには絶好の状態となっている。
この日の十和田は最高気温が氷点下1・3度の真冬日。スキーヤーらは寒さをものともせずにシュプールを描いていた。

川崎市から実家のある十和田市に帰省中の会社員芳賀啓太さん(24)は友人とスノーボードに熱中。「パウダー状の雪で滑りやすい」と上機嫌に話した。
(デーリー東北新聞)