ドイツのメルケル首相ドイツのメルケル首相が冬休みのスキーで転倒し、骨盤を骨折したことが分かった。首相の報道官が6日、記者団に語った。

発表によると、メルケル首相はスイスでクロスカントリー・スキーをしていた。今後何週間か歩行に補助が必要で、一部の予定は中止を余儀なくされる。

報道官は、深刻な状態ではなく完全に回復する見込みだと強調した。
昨年末にはドイツの自動車F1レース元王者、ミハエル・シューマッハーさんがフランス・アルプスでスキー中に転倒して頭を強く打ち、意識不明の重体に陥った。2度にわたる手術の後、人工的な昏睡(こんすい)状態に置かれている。
(CNN)