北朝鮮東部江原道の馬息嶺スキー場で使われているスノーモービルや人工降雪機=2013年12月31日(共同)米政府系放送局ラジオ自由アジア(電子版)は3日までに、北朝鮮が金正恩第1書記の肝いりで整備し、昨年12月31日にオープンした東部江原道の馬息嶺スキー場に、スウェーデンメーカーの人工降雪機など欧米製の機器が設置されていると伝えた。

朝鮮中央通信が配信した写真を北朝鮮専門家が分析したとしている。
金第1書記が試乗する姿が報じられたリフトの生産国に関する情報は報じていないが、専門家は他国ではほとんど見ないタイプの中古だと指摘した。リフトについては、スイス政府が同国企業による北朝鮮への輸出を阻止したと伝えられていた。

この専門家によると、写真にはイタリアやドイツ製の除雪車やカナダ製のスノーモービルも写っていた。降雪機メーカーは北朝鮮には輸出していないと主張しているという。
(共同通信)