バンクーバー五輪で国母の「腰パン」が問題に/(C)日刊ゲンダイ競技の結果よりも選手の素行に注目が集まっているのが、男子スノーボード日本代表だ。

26日に都内で合宿中のハーフパイプ(HP)代表チームが会見。12月19日からW杯(米国・コロラド州カッパー)が再開され、ソチ五輪代表争いが熾烈になるだけに、10年世界ジュニア選手権優勝の平岡卓(18、上宮高)ら選手たちは、「五輪に出るのはもちろん、メダルを狙いたい」と、口を揃えた。

驚いたのが、かつて世間を騒がせたあの男が指導者として名を連ねたこと。前回のバンクーバー五輪で「腰パン」が問題視された国母和宏(25、現在はプロスノーボーダー)がテクニカルアドバイザーに就任したのだ。スキー連盟は、第一人者である国母に技術面に加えて精神面のアドバイスを期待しているという。
■「なにをしでかすか分からない」

バンクーバーでの国母の言動で明らかになったように、スノーボードにはヤンチャな選手が少なくない。今回は8月のW杯開幕戦(ニュージーランド)で最年少優勝(14歳8カ月)を果たした中3の平野歩夢(14)が代表入りし、平均年齢20.2歳と若いチームだ。

スキー連盟では世間の批判を浴びた前回の二の舞いだけは避けたいのだろう、バンクーバー五輪後は元五輪選手などを講師に招いてアスリートとしての心構えを身に付けさせるなど意識の向上を図ってきた。今年4月に行われた冬季競技合同研修では、他競技の選手がジャージーで参加する中、唯一、「身だしなみを意識させるため」(上島しのぶヘッドコーチ)にスーツを着用させた。

徐々に意識改革の成果は表れているものの、いまだに室内でもヨットパーカのフードをかぶる選手もいるだけに上島ヘッドコーチは「まだ、目を離すと何をしでかすかわからない」と不安を隠さない。

今回のHPチームはソチでメダル取りが期待される。一方で前回のような騒動を起こす可能性もある。そのとき、国母アドバイザーの存在意義が増しそうだ。
(日刊ゲンダイ)