玉串をささげ安全を祈る小椋村長(右)ら北塩原村の星野リゾート裏磐梯猫魔スキー場の安全祈願祭は26日、同スキー場で行われ、関係者がシーズン中の無事故を願った。

関係者ら約20人が出席。神事では、小椋敏一村長や森井宣行裏磐梯観光協会長、佐藤淳一猫魔リゾート代表取締役らが玉串をささげ、安全と豊富な降雪を願った。

佐藤代表取締役は「オープンに向けお客さまの危険防止や自然環境保護などに積極的に取り組みたい」などとあいさつした。

同スキー場は12月14日にオープン予定。問い合わせは同スキー場(電話0241・32・3001)へ。
(福島民友)