奥只見丸山スキー場で安全祈願祭県内屈指の積雪量を誇る魚沼市湯之谷芋川の「奥只見丸山スキー場」で18日、安全祈願祭が行われた。関係者が23日に予定されるオープンを前に、シーズン中の無事故を祈った。

同スキー場は例年11月末から12月初旬にオープン、厳冬期にいったん休業し、早春に再開する。

18日時点でゲレンデ中腹に20〜30センチの積雪があり、今季は前期が23日から来年1月5日、後期は3月21日から5月中旬ごろまで営業の予定だ。

祈願祭はゲレンデに隣接する体育館で行われた。

スキー場を運営する奥只見観光の社長は「昨シーズンに続き、今季はさらにお客さまに来てもらえるよう、快適なスキー場を目指したい」と話した。
(新潟日報)