玄さんと一緒に初滑りを楽しむスノーボーダーたち=15日午前、アップかんなべ・みやの森ゲレンデ 神鍋高原(兵庫県豊岡市日高町)のスキー場「アップかんなべ・みやの森ゲレンデ」の人工雪コースが15日、営業を始めた。関西では最も早いオープン。京阪神から訪れたスキーヤーたちがシュプールを描き、初滑りを楽しんだ。

ゲレンデでは1カ月ほど前から人工雪づくりが進められ、全長約650メートル、幅約20メートル、高低差約100メートルのコースが完成した。
この日、予想された雨は本降りにはならず、毎年初日に訪れている淡路市久留麻の会社員(30)は「滑りたくてずっと待っていた。めっちゃ気持ちいい」と声を弾ませた。

豊岡市のマスコット「玄さん」も登場し、華麗な滑りを披露した。午後9時半までのナイター営業もある。同スキー場TEL0796・45・0055
(神戸新聞)