雪景色に声を弾ませ、ふわふわの雪の感触を楽しむ観光客ら(12日午前10時、大津市・びわ湖バレイ)今季一番の冷え込みとなった12日朝、大津市の比良山系で降雪と積雪が見られた。

標高1千メートルを超える同市木戸の「びわ湖バレイ」では、スキー場のゲレンデや展望台が銀世界に様変わり。観光客は新雪の感触を確かめ、一足早い冬を感じていた。

彦根地方気象台によると、強い寒気の影響で、この日の最低気温は米原市で2.6度、大津市で6.0度といずれも平年を下回り、県内9カ所の観測地点のうち6カ所で今季最低を記録した。

冷え込みは13日朝まで続くがその後、気温は上がるという。

びわ湖バレイでは、11日午後6時ごろから雪が降り始めた。初雪は昨年より4日早いという。
(京都新聞)