雪に覆われ、銀世界となったスキー場のゲレンデ京滋で今季一番の冷え込みとなった12日朝、大津市の比良山系で降雪と積雪が見られ、雪化粧した山並みが冬の気配を感じさせた。

彦根地方気象台によると、冬型の気圧配置となり、北からの寒気の影響で最低気温は米原市で2・6度、大津市で6・0度といずれも平年を下回った。

標高1千メートルを超える大津市木戸の「びわ湖バレイ」では、11日午後6時ごろからみぞれが雪に変わった。初雪は昨年より4日早いという。雪がちらつく12日朝、打見山から蓬莱山にまたがるスキー場のゲレンデは5〜6センチほどの雪で覆われ、一面、銀世界となった。
(京都新聞)