画像:ITmediaスキーやスノボをしながらその場で写真をネットに投稿したい――そんな人に“極寒対応”スマホ手袋「ISGloves」(アイスグローブ)はいかがでしょうか。

雪が降っているような極寒コンディションの中でも快適にスマートフォンを操作できるそうです。価格は6800円。

インナーが導電性素材の五本指手袋となっていて、タッチスクリーンでの繊細な操作が可能です。さらに、高機能断熱材などを使ったマフィン型のアウターも付いているので、スマホを操作をしないときは指にかぶせて寒さをシャットアウトしましょう。

手のひら部分は滑り止め加工付き合成皮革を使っており、スキーのストックもつかみやすいとのこと。
シンガポール国立大の学生ベンチャーFIETT社が開発しました。同大からスウェーデンに留学していた際、冬のストックホルムで従来のスマホ手袋の防寒性や操作感にいら立ちを覚えた経験が、アイスグローブの開発につながっているそうです。

冬季のサイクリングや工事現場など屋外での仕事にも良さそうですね!
(ねとらぼ)