秋のゲレンデで一足早くウインタースポーツを楽しむ来場者=1日午前11時3分、郡上市高鷲町、鷲ケ岳スキー場郡上市高鷲町の鷲ケ岳スキー場が1日、屋外スキー場では全国で2番目に冬季営業を開始した。待ちわびた全国のスキーヤーやスノーボーダーたちが詰め掛け、今季の初滑りを楽しんだ。

同スキー場は、氷を細かく砕いて人工雪を作る造雪機を約1カ月間フル稼働させ、この時期では日本最大級となる全長1500メートルのコースを作った。
営業初日は朝から青空が広がり、冬を先取りしようと約420人が来場。四方に紅葉した木々の広がる秋のゲレンデで思い思いにシュプールを描いた。
(岐阜新聞)