MotionPix Air(防水ケースに入れた状態)アイ・オー・データ機器は、アクションカメラ「MotionPix Air」(DVS5G9-SET)を10月30日より直販サイトの「アイオープラザ」限定で発売した。直販価格は19,800円。

付属のマウントなどを使って、自転車やバイクのハンドル、スノーボード、ヘルメットなどに装着して撮影できるアクションカメラ。IPX8(水深60m)まで対応する防水ケースも同梱する。記録メディアはmicroSD/SDHCカード(最大32GB)。

1/2.5型、有効500万画素のCMOSセンサーを搭載し、画質モードは1080p(30fps)、960p(30fps)、720p(60fps)の3種類を用意。フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264。1/3/5/10/30/60秒ごとに動画を記録するインターバル撮影も可能。手ブレ補正も行なえる。JPEG静止画撮影も行なえ、秒10コマの連写「バーストモード」も用意。セルフタイマーも備える。

レンズのF値はF2.8。画角は170度で、有効画角は1080p動画が100度、720pは150度、960pは162度となる。最短撮影距離は30cm。シャッター速度は動画が1/30〜1/2000秒、静止画が1/30〜1/4000秒。露出補正は-2.0〜+2.0EV(自動)。

腕時計タイプのリモコンが付属し、大型ボタンで録画のON/OFFが可能。また、無線LANも内蔵し、スマートフォンと連携できる。iPhone/iPod touch、Androidスマートフォン用の無償アプリ「ActionCam!」を使って、スマホの画面をビューファインダとして利用でき、シャッター操作も可能。撮影した動画はアプリ上でトリミングも行なえる。Facebook/Twitter/YouTubeなどとの連携設定も可能で、撮影した動画をSNSにシェアできる。

本体に0.83型の有機ELディスプレイを装備。マイク入力端子や、マイクロUSB、HDMI端子も備える。リチウムイオンバッテリが付属し、連続撮影は動画が100分、静止画が250枚。外形寸法は59.2×26.4×42.7mm(幅×奥行き×高さ/レンズ部を除く)、重量は78g。

付属するマウントは、バイクマウント、ヘッドマウントキット、平面型装着ソケット(スキー/スノーボード/スケートボード用)、曲面型装着ソケット(ヘルメット用)など。他社アクションカメラのアクセサリを利用するための互換マウント「Tチップマウント」なども同梱する。そのほか、ストラップやレンズキャップ、くもり止めなども付属する。
(Impress Watch)