積雪の様子が投稿された「札幌国際スキー場」のフェイスブックページ北海道上空約1500メートルに現在、11月上旬並みの寒気が入り道内各地で初雪を観測した。

寒気の影響で帯広や中札内では初雪を観測。札幌市内は本日、最高気温7度・最低気温6度の予報で、今年初めて最低・最高ともに一桁の気温を記録した。

「札幌国際スキー場」(札幌市南区)の気温は13時現在、0.8度。午前から雪が降り始めた。
「みぞれなどが降ることもあったが、積雪したのは今年初」(同スキー場職員)。

積雪の様子が投稿された同スキー場のフェイスブックページには多数の「いいね!」やスキーシーズンを待ちわびているスキーヤー、スノーボーダーのコメントも寄せられている。

北海道内は現在、大型の台風26号の影響で強い雨や風が吹き付け天候は大荒れ。札幌管区気象台によると本日午後、三陸沖で温帯低気圧に変わり、夕方ごろに北海道に最も接近する模様。

夕方から夜遅くに掛けて雨風のピークと予報している。
(札幌経済新聞)