スノーボード・ハーフパイプ男子の平野歩夢(14=バートン)が15日、遠征先のニュージーランドから帰国した。

W杯開幕戦(ニュージーランド・カードローナ)では、史上最年少優勝を飾った。

「良い成績を残せてよかった」と振り返った。遠征の感想を聞かれると「疲れた」と話したが、中学生らしく「明日は友達と遊ぶ。火曜日からは学校です」と話していた。
(日刊スポーツ)