スピード感あふれる滑走が楽しめる夏そり滑り=天童市・天童高原天童市の天童高原に、滑走部が約40メートルで県内最大規模の夏そり滑り場と大型遊具が完成した。

人工芝の上をプラスチックの専用そりで滑走でき、スピード感にあふれる。25日の天童高原まつりから一般開放する。

夏そり滑り場は、冬場はスキー場になる同高原の斜面を活用した。全長約60メートル(滑走部約40メートル、ブレーキ部約18メートル)、幅は約14メートル。無料で貸し出す専用そりにワックスを塗って滑走する。転倒時の摩擦によるけがを防ぐため、長袖の着用が好ましいという。
隣接して、延長約20メートルのターザンロープを設置。市は同高原のキャンプ場整備も進め、魅力アップに努めている。

天童高原まつりは午前11半にスタート。天童牛の焼き肉パーティー(当日1人1800円)をはじめ、バンド演奏、宝探し、ポニーとの触れ合い広場など多彩なイベントが繰り広げられる。問い合わせは市産業立地室023(654)1111。
(山形新聞)