19日付スイス紙ルトンは、同国政府が国内スキーリフトメーカーによる北朝鮮への製品輸出を阻止したと報じた。この企業と北朝鮮は売買契約を結んだが、スイス政府は金正恩体制のプロパガンダ関連施設に使われると判断。輸出しないよう働き掛けたという。

北朝鮮は日本海側の江原道元山地区で「世界一流」の馬息嶺スキー場の建設を進めている。同紙によれば、この企業は今春、およそ700万スイスフラン(約7億4000万円)でスキーリフトを北朝鮮に輸出する契約を結んだ。
ただその後、この企業が経済省に確認したところ、同省は「輸出は違法ではないが、(朝鮮半島情勢を踏まえると)望ましくない」と回答。これを受けて企業は6月に契約を破棄したという。

北朝鮮は昨年夏にもオーストリア、フランスのリフトメーカーと交渉したが、いずれも断られたとされる。 
(時事通信)