ヒマワリ畑の散策を楽しむ来場者富山市本宮(大山)の立山山麓スキー場らいちょうバレーエリアでヒマワリ約3万株が満開となり、ゲレンデが鮮やかな黄色で彩られている。

見頃は8月下旬まで。

ヒマワリは背丈の低い品種「サンスポット」。スキー場を花で彩るイベント「立山山麓花のゲレンデ大作戦」(北日本新聞社共催)の参加者約1200人が6月に苗を植えた。

写真撮影を楽しんでいた近江純さん(29)=富山市大江千=と高沢奈苗さん(27)=東京=は「小さめのヒマワリでかわいい。花のお風呂に入っているみたい」と喜んだ。

9月29日にヒマワリの種を収穫するイベントを開く。
問い合わせは市大山総合行政センター農林商工課、電話076(483)2593。
(北日本新聞)