スノーボードハープパイプで、W杯開幕戦(ニュージーランド)に出場する日本選手6人が6日、成田空港を出発した。

昨季、W杯初優勝を飾った平岡卓(17=フッド)は「優勝できるように頑張りたい。オフに米国で練習した技を出したい」と話した。来年2月のソチ五輪に向けては「ニュージーランドで表彰台に乗ったら、いい位置にいけると思う。成績を残して、ソチに向けてトレーニングしたい」と意気込んでいた。
今年2月のXゲームで最年少メダリストとなった平野歩夢(14=バートン)は「いい成績を残したい。自分の滑りができたらいい」。今年4月から日体大に入学した青野令(23)は「ソチ五輪に向けて、初戦が大事になる。優勝できるようにがんばりたい」と目標を掲げた。
(日刊スポーツ)