たんばらラベンダーパークでは、8月上旬から下旬にかけて、毎年大好評の「ラベンダー花摘み体験」が催される。持ち帰った花はドライフラワーやポプリにして保存しよう。1回¥500真夏でも涼しい高原で一面のラベンダーを愛でる

冬季はスキーヤーやスノーボーダーで賑わうスキー場を、オフシーズンの真夏も有効に活用する試みは数多い。最近増えているのが、フラワーパークとしての営業。これから紹介する北関東の2つのスキー場は、その中でもことに風景が美しいと称賛を浴びている。

「たんばらスキーパーク」(群馬県沼田市)は、夏を迎えると看板を架け替える。関東では最多となる5万株ものラベンダーが咲き誇る「たんばらラベンダーパーク」としての営業を開始するのだ。今年は、すでに7月13日(土)にオープンを果たしており、9月1日(日)のクローズまで、多くの来園客を迎えることになる。
標高約1300mの涼しい高原でそよ風と花の芳香に包まれたなら、楽園気分に浸れることは間違いなし。東京からクルマでわずか2時間ほどと、アクセスも良好だ。

パーク内には、鑑賞にぴったりな“コイムラサキ”、アロマオイルなどにも用いられる香り豊かな“オカムラサキ”、大ぶりの花を咲かせる“グロッソ”などを中心とした約15品種のラベンダーの他、カモミール、ミント、セージなど約50品種のハーブ、またヤナギラン、ニッコウキスゲ、クリンソウ、ミズバショウといった山野草など、合わせて100を超える種類の植物が根を下ろす。

売店では、たんばら産ラベンダーを蒸留して抽出したオイルをはじめ、化粧水、入浴剤、石鹸などのオリジナルグッズを多数販売している。レストランでは、上州牛や上州麦豚を使った“たんばらバーガー”や“本格石窯ピザ”に舌鼓を打ってみたい。また、夏季営業期間の2カ月で実に約6万個を売り上げる名物“ラベンダーソフトクリーム”もお忘れなく。

ハンターマウンテンゆりパークに咲き誇る花々を愛でるなら、フラワーリフトを利用するのがおすすめ。リフト片道料金は、大人¥600、小学生¥400、ペット¥400(未就学児無料)500万輪ものユリが開花する那須塩原の楽園

若者に人気のスキー場「ハンターマウンテン塩原」(栃木県那須塩原市)は、夏の間、「ハンターマウンテンゆりパーク」に変身。開園10周年を迎えた今年は、7月13日(土)から9月1日(日)まで営業を行っている。

約10万平方メートルの広大な敷地に50種500万輪のユリが咲き誇るさまはまさに圧巻。4人乗りフラワーリフトに乗車し、ぜひこの絶景を堪能したい。

園内には、シラカバとユリのコントラストが美しい「白樺の丘」、地元中学生がカラフルな植栽で美しい模様を描き出した「デザインゆり」、そして新スポット「ゆりタワー」など、見どころが満載。また、このスキー場は、一年を通しての魅力が評価を受け、観光庁が後援を行う「恋人の聖地サテライト」に選定されている。つまり、プロポーズにふさわしいロマンティックなスポットとして認められたということ。

レストランでは、ここでしか味わえない“オリジナルゆりソフトクリーム”や“ゆり根ピザ”などを味わうことができる。ユリ直売所では珍しい品種を販売中だ。

アトラクションとしては、ユリ畑の中を進む乗馬体験が子供たちに大人気。王子様やお姫様になった気分を満喫させてあげたい。

夏の一日を、美しい花園で快適に過ごしてみては?

■たんばらラベンダーパーク
住所 群馬県沼田市玉原高原
電話番号 0278-23-9311
URL http://www.tambara.co.jp/lavenderpark/
開催期間 2013年7月6日(土)〜9月1日(日)
定休日 無休
開園時間 8:30〜17:00(入園は16:30まで)
料金 ¥1000(小学生以下無料)

■ハンターマウンテンゆりパーク
住所 栃木県那須塩原市本塩原字前黒
電話番号 0287-32-4580
URL http://www.hunter.co.jp/
開催期間 2013年7月13日(土)〜9月1日(日)
定休日 無休
開演時間 9:00〜16:00(リフト上り最終)
料金 大人¥1000、小学生¥500(未就学児無料)

(CREA WEB)