全日本スキー連盟は29日、ニュージーランドのカードローナで8月に開幕するスノーボードのワールドカップ(W杯)の派遣選手を発表し、22、24日にあるハーフパイプの男子は1月の世界選手権で2位の平岡卓(フッド)、青野令(日体大)、14歳の平野歩夢(バートン)らが選ばれた。
(時事通信)