来年のソチ五輪で新採用となるスノーボード・スロープスタイル男子で、メダル候補の角野友基(17=アルツキララク)の後援会が28日、発足した。

昨季のW杯初優勝と合わせて、都内のハマーカフェで祝賀パーティーが行われた。角野はハマーの後部座席に乗り、レッドブルの缶を手にサングラス姿で登場。集まった約70人から盛大な拍手で迎えられた。

浴衣美女と並んで記念撮影におさまり「夏には(競技の練習のため)日本にいないので、お祭りとか体験したことがない」と新鮮な様子だった。
ソチ五輪出場を見据え、W杯開幕戦(8月16日・ニュージーランド)に向けて調整中。

「いつどんなときにも、五輪のことを考えている。8月は、今の自分がどれだけの技をできるのか、考えながら滑りたい」と話していた。
(日刊スポーツ)