東京商工リサーチ前橋支店は、嬬恋村の鹿沢ハイランドスキー場(現鹿沢スノーエリア)などを経営していた「アサヒ商事」が6月27日に前橋地裁から特別清算の開始決定を受けたと発表した。負債総額は約12億円。

同店によると、同社は1978年に設立して同スキー場を経営。

94年10月期には約4億9000万円の売り上げがあったが、スキー人口の減少などにより2012年10月期の売り上げは約1億円まで減少した。経営していたスキー場やキャンプ場などは、同社が同年8月に会社分割した新会社「五輪観光」が経営を引き継いでいる。
(毎日新聞)