石狩湾を一望できるゆり園小樽のスキー場「スノークルーズオーンズ」(小樽市春香町、TEL 0134-62-2228)が7月13日、夏季の新事業として「オーンズ春香山ゆり園」を開園する。経営はマックアースリゾート北海道。

小樽・札幌近郊のスキーヤーやスノーボーダーが多く訪れる都市近郊型スキー場として知名度のある同施設。約180万輪のユリをゲレンデに植え、「ゆり園」としてオープンする。

同園からは石狩湾を一望でき、「空・海・ユリの三重奏」をテーマに来園者を楽しませる。初日となる13日には、10時の打ち上げ花火を合図に、オープニングセレモニーを開催。

同園の特徴は、リフトやナイター設備などのスキー場としての施設を最大限利用し花を楽しむ「フラワーリフト」や「ナイターゆり園」(8月3日〜8月11日)。「ホースライディング」(5分1,000円)や「キッズプール」(7月20日〜)など児童が楽しめる施設も用意。

約30種類のユリを販売する店やレストランもあり、児童から大人まで楽しめる施設構成となっている。併せて、「星空観察会」や「モデル撮影会」、「フォトコンテスト」などの参加型イベントも予定する。

営業時間は9時〜17時(土曜・日曜・祝日は8時30分〜)、8月3日〜11日はナイター営業(18時〜22時)も。入園料は、大人800円、小学生以下300円ほか。リフト料金は、同500円、同300円ほか。
(小樽経済新聞)