立山山麓「滑空」 ジップラインに新コース高気圧に覆われた29日の県内は、強い日差しが降り注ぎ、富山地方気象台によると富山27・2度、高岡(伏木)26・5度など県内10カ所の観測地点全てで最高気温が25度を上回る夏日となった。

立山山麓スキー場らいちょうバレーエリア(富山市本宮・大山)にある「ジップライン・アドベンチャー立山」では、家族連れらがワイヤロープを滑り降りる爽快感と大自然の景色を楽しんだ。

ジップラインは体に滑車をつなげ、支柱に張ったワイヤを降りる遊具。この日は全長150メートルで、地上21メートルと最も高い新コースがオープンし、深い谷の上を“滑空”するスリルに若者らが歓声を上げた。

家族と訪れた富山市鵜坂小4年の藤木梨乃さん(9)は「鳥になったような気分」と声を弾ませた。

日中の気温が上昇し、射水市ではゴルフ場でプレーしていた男性会社員(56)が熱中症とみられる症状で病院に運ばれた。軽症とみられる。

同気象台によると、30日は晴れで昼すぎから時々曇り。所により雨が降る。予想最高気温は富山28度、高岡27度。
(北日本新聞社)