北上市は17日、公募していた夏油高原スキー場の運営会社に、長野県白馬村の「クロスプロジェクトグループ」を選定したと発表した。

6月中に本契約を結び、7月から運営を委託したい考え。高橋敏彦市長は記者会見し、「市民と一緒に考えながらもり立てていけるような雰囲気を作っていきたい」と語った。

同社は同日、決定前に市内で開かれた公開発表の場で、10年間の運営方針を示した。割高といわれていたゴンドラ・リフト料金を値下げし、冬季の集客アップを目指すほか、秋田県や宮城県で無料券を配布するなどして誘客を図り、商圏拡大につなげる。
星空観察ナイトツアーやネイチャーツアーなど体験プログラムを充実させ、年間を通じて集客を確保する。

同社は同様の取り組みで、経営に参画してきた九つのスキー場で2%〜約2倍の売り上げ増を達成したという。夏油高原では、初年度の冬季利用者は震災前水準の8万人、通年は12万人を目標にし、1年目から黒字化を目指す。

10年目には、冬季で13万4000人、グリーンシーズンで8万人、温泉などで5万5000人の計26万9000人の利用者を見込んだ。
(読売新聞)