旧スキー場の一部を活用して開かれたレース。凹凸や斜面を勢いよく走行するジムニーに、愛好家らが見入った町の活性化につなげよう―。

大鰐町の大鰐温泉スキー場の旧あじゃら高原エリアで9日、スズキの四駆軽自動車ジムニーのオフロードレース「ジムニースーパークロス2013」が行われた。

津軽地方のジムニー愛好家で組織するジムニー四駆同好会(小杉有仁代表)が町のにぎわいをつくろうと約1年前から企画。
多くの県外客を含む91人が出場し、町民や愛好家らがパワーあふれる走行に見入った。

小杉代表は「秋には家族向けのイベントも計画している。町の経済再生の力になれれば」と話している。
(陸奥新報)