6日付の韓国紙・東亜日報は、韓国政府関係者の話として、北朝鮮の金正恩第1書記の指示で、建設中の日本海側の江原道・元山地区の馬息嶺スキー場で使うリフトをスイスから輸入しようとしていると伝えた。

リフトは600万ユーロ(約7億8000万円)相当という。
北朝鮮は元山地区を観光特区にする計画で、同スキー場は、特区の観光資源の目玉。金第1書記は4日付で、同スキー場建設を年内に終わらせるよう訴える国民向けアピール文を発表するなど、特に力を入れている。

金第1書記はスイスに留学経験があり、スキーも好むとされる。
(時事通信)