今年のゴールデンウイーク(4月25日〜5月6日)に県内の主要観光地などを訪れた観光客は計97万9千人に上り、前年より8.0%増加したことが13日、県のまとめで分かった。

立石寺根本中堂本尊の50年に1度の御開帳に沸いている山形市山寺が52.6%増の9万2600人、前年が天候不良だった上杉まつり(米沢市)が25.0%増の25万人で、全体の増加をけん引した。
温泉や名所などの主要観光地16カ所と、期間中に開催された主要イベント五つを対象に調査した。今年のゴールデンウイークは曜日配列の関係で前半、後半に分かれ、気温も上がらなかったが、後半を中心に多くの観光客が訪れた。

主要観光地16カ所の合計は55万5100人で、12年比で0.8%、東日本大震災直後だった11年比で33.2%、10年比で1.2%それぞれ増加している。

主要観光地の観光客数の上位5カ所は表の通り。酒田夢の倶楽(くら、酒田市)は今年から集計方法を変更した。トップの松が岬公園は、桜の開花と重なって観光客が急増した12年と比較すると18.9%の減少だが、震災前の10年比だと10.8%増加している。

そのほか、銀山温泉(尾花沢市)は1万5600人で前年比27.9%増、月山スキー場(西川町)は2万5700人で17・4%増と大きく伸ばした。
(山形新聞)