森林浴を楽しみながら歩く参加者本年度の第1回立山山麓トレッキングイベントが11日、富山市大山地域の立山山麓スキー場周辺で行われた。雨が降るあいにくの天気だったが、約50人が森林浴を楽しみながら心地よい汗を流した。

参加者は大山農山村交流センターを出発。ボランティアガイド「うれの会」(森重春会長)メンバーの解説を聞きながら、原・亀谷林道を通って白樺平までを往復する約7キロを歩いた。

友人と2人で参加した富山市犬島の西尾美穂子さん(38)は「初めて参加したが、歩きやすいコースで小鳥のさえずりも楽しめた」と話した。

イベントはグリーンシーズンの立山山麓に、にぎわいをつくろうと大山観光開発や市、北日本新聞社などでつくる実行委員会が主催。

本年度は10回あり、次回は6月1日に行う。

問い合わせは大山観光開発、電話076(482)1311。
(北日本新聞)