スイセンの黄色や白の花が咲き乱れるゲレンデ蔵王連峰の春を彩る第24回「すいせん祭り」が、宮城県蔵王町のみやぎ蔵王えぼしスキー場で開かれている。ゲレンデを埋め尽くすスイセンがようやく見頃を迎え、黄色や白の花が咲き乱れている。

ゲレンデの斜面2.4ヘクタールでは約30種類、50万株のスイセンが競演。好天に恵まれた9日は多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして楽しんでいた。

ことしは春先の冷え込みで、開花が例年より1週間ほど遅れたという。
すいせん祭りは19日まで。営業時間は午前8時30分〜午後4時30分。入園料は1人500円で、中学生以下は無料。連絡先はえぼしスキー場0224(34)4001。
(河北新報)