夏油高原スキー場を公設民営で存続させることを決めた北上市は9日、市議会全員協議会で、圧雪車の購入費用4000万円を含め当面の経費として約5573万円を一般会計に追加すると報告した。

15日の臨時市議会に補正予算案を提出する。運営会社撤退について高橋敏彦市長は「撤退情報は昨年度初めに入手したが、正式発表の前に『らしい』とは言えなかった。撤退の影響や運営方法の検討などはしてきた」と述べた。
(毎日新聞)