スキー場のゲレンデを駆け上がる「ゲレンデ逆走マラソン」の開幕戦は6日、福島県猪苗代町のグランドサンピア猪苗代リゾートスキー場で行われた。約130人が猪苗代湖の眺望をバックに健脚を競った。

猪苗代観光協会などでつくるGAMBARUZO!ふくしま実行委員会が東日本大震災直後から開いており、今年で3年目。 

スキー場山頂をゴールに、10キロと5キロの2コースでレースが行われた。参加者はきつい傾斜を駆け上がってゴールを目指した。 
今年は11月2日まで計5回行われる。次回は6月1日に猪苗代町のリステルスキーファンタジアで行う。問い合わせはホテルリステル猪苗代 電話0242(66)3001へ。 
(福島民報)