富士フイルム、デジタルカメラ「FinePix XP200」富士フイルム(社長:中嶋 成博)は、4つのタフネス機能を備え、ビーチやキャンプ、釣りなどのレジャーシーンに加え、トレッキングやモトクロスなどの本格的なアクティビティシーンでも、水や砂の侵入、落下の衝撃を気にせず、オールシーズンこれ1台で撮影を楽しめるデジタルカメラ「FinePix XP200」を平成25年4月27日より発売いたします。

撮影画像をスマートフォンに無線LAN通信で30枚まで一括送信して友達とシェアできる「スマートフォン送信」機能を搭載し、タフネスカメラならではの画像をSNSサイト“Facebook”やメッセンジャーアプリ“LINE”などへ簡単にアップロードすることができます。
「FinePix XP200」で実現した主なポイントは以下の3点です。

(1)「15m防水」「2m耐衝撃構造」「−10℃耐寒」「防塵」の4つのタフネス機能

 「水深15mまでの防水」、「高さ2mから落としても耐えうる耐衝撃構造」(*2)、「−10℃までの耐寒」、「砂やほこりの侵入を防ぐ防塵」の4つのタフネス機能を備え、ビーチやキャンプ、釣り、スキー、スノーボードなどのレジャーシーンに加え、トレッキングやモトクロスなどの本格的なアクティビティシーンでも、水や砂の侵入、落下の衝撃を気にせず、オールシーズンこれ1台で撮影をお楽しみいただけます。

(2)写真や動画を無線LAN通信でスマートフォンに簡単転送、SNSへアップして楽しめる!

 撮影画像をスマートフォンやタブレット端末(*3)に無線LAN通信で簡単に送信できる「スマートフォン送信」機能を搭載。アプリケーションソフト「FUJIFILM Camera Application」(無料)を、お手持ちのスマートフォンにダウンロードしていただくと、最大30枚の画像をカメラ内で選択して、ID・パスワードなどの面倒な設定なしにスマートフォンに一括送信できます。カメラ内の画像をタブレット端末などの大きな画面上で閲覧し、送信したい画像を選択して取り込むことも可能で、動画の転送(*4)にも対応しています。水中写真など、「FinePix XP200」だからこそ撮れる写真も簡単に転送、シェアすることができます。また、Wi−Fi(*1)通信に対応したことで、Wi−Fiルータに繋がったパソコンを起動し、カメラで「PC保存」を選択すれば、カメラ内のデータを簡単にパソコンにバックアップすることが可能です(*5)。

(3)アクティブなシーンで大活躍する、充実の撮影機能

 CMOSセンサーの高速処理により最速10コマ/秒(*6)(最大記録枚数9枚、フル画素時)の高速連写を実現。連写モードへの切り替えボタンを独立配置し、アクティブなシーンで使用頻度の高い連写モードへ瞬時に切り替え可能。撮りたい瞬間や被写体を逃しません。液晶モニターは高精細92万ドットの低反射高輝度モニターを採用。ビーチなどの強い日差しの下でも画面が見やすく、快適に撮影、画像確認が可能です。また、高解像感60コマ/秒のフルハイビジョン動画も撮影可能。動画撮影ボタンを装備し、ワンプッシュの簡単操作で録画を開始できます。

◎製品概要

▼製品名
 デジタルカメラ「FinePix XP200」
▼カラーバリエーション
 ブルー/イエロー/ブラック
▼発売日
 平成25年4月27日(土)
▼希望小売価格
 オープン

(*1)Wi−Fi CERTIFIEDロゴはWi−Fi Allianceの認証マークです。Wi−Fi Protected SetupマークはWi−Fi Allianceの識別マークです。

(*2)アメリカ国防総省が設定した、米軍が調達する物資の耐久性などを定めた規格である「MIL規格」のMIL−Standard 810F Method5 16.5−Shockの測定方法を適用。

(*3)Androidスマートフォンやタブレット端末、iPhone/iPad。

(*4)iOS版の「FUJIFILM Camera Application」では、スマートフォンが再生できない動画ファイルは保存できないことがあります。HD(1280×720)以下のサイズの動画モードでお試しください。

(*5)あらかじめ無料の専用ソフト「FUJIFILM PC AutoSave」をパソコンへインストールする必要があります。

(*6)CIPA(カメラ映像機器工業会)規格による。

■問い合わせ先■富士フイルム
 お客様コミュニケーションセンター
 TEL:050−3786−1711

※発表日 2013年4月10日