小学生が巻き込まれた圧雪車=19日夜、長野県山ノ内町19日午後1時35分ごろ、長野県山ノ内町平穏(ひらお)の「一の瀬ダイヤモンドスキー場」のクロスカントリーコースで、同町立東(ひがし)小学校5年生の三原舜矢(しゅんや)さん(11)が作業中の圧雪車に巻き込まれた。

三原さんは全身を強く打ち死亡した。県警は圧雪車を運転していたスキー場従業員の男性(34)から事情を聴き、原因を調べている。

県警中野署や東小によると、三原さんは春休み初日のこの日、学校のクラブ活動として他の児童21人とスキーの練習に参加。午後1時半からの準備運動が終わった直後に滑り出した三原さんが、約50メートル先を前方に進んでいた圧雪車の後部に衝突。その後、ローターに巻き込まれたという。
東小の説明では、こうした練習の場合は2〜3人の地元スキーヤーがつき、作業中の圧雪車に児童が近づかないように注意を呼びかけているという。この日は男性コーチ1人、保護者1人の指導態勢だった。丸山福一校長は朝日新聞の取材に「尊い命が奪われ、申し訳ない」と話した。

町教育委員会によると、事故が起きたスキー場では同日午前に大学生のスキー大会があり、圧雪車は大会後のコース整備をしていたという。
(朝日新聞)